製品案内

広がる臨床範囲、軽くなる不快感、レーザーだから出来る事

痛み、音、振動、臭い・・・歯の治療から連想される嫌なイメージの原因のひとつは、治療の際の不快感にあります。歯を削る際の痛みはもちろん、削る音や振動も人間にとってのストレスです。
ストリークは、MI=「最小侵襲」による治療を第一の目的として開発された医療用レーザーです。レーザーは『20世紀最大の発明』と言われる人工的な”光”で、その直進性の良さや制御の容易さから、医療分野でも幅広く利用されています。

ストリークはどんな医療機器なのか。
医療用レーザーの情報を交えつつご紹介いたします。

参考写真

“もう、合図はいらない”を実現するためにストリークが出来る事

レーザーを利用した治療では、発熱を効果的に利用しつつ、熱による生体組織へのダメージをいかにして減らすかがMIの課題です。
ストリークはこの相反する作用の共存に成功。
患者さまが痛みを訴えることが減るということは、術者にとってもストレスの軽減につながります。

  • 患者さまや照射部位に合わせたパルス幅が選択できます。
  • レーザー照射部を的確に冷却して痛みを抑制します。
参考写真

“弘法は筆を選ぶ”臨床医もレーザーを選ぶ

治療部位や症状、患者さまの特性、術者の得手不得手など、治療方法や器具を決める要素は非常に多く、医療用レーザーを使いこなすには長い臨床経験が必要でした。
ストリークは、多数の臨床シーンと、熟練の歯科医の治療法を分析、吸収。すぐに、たくさん、ながく使えます。

  • 熟練医師の5つの使用パターン設定が最初から使えます。
  • 使いこなしながら進化させる。細かいマニュアル設定が可能。
参考写真

オートクチュールと言う考え”院内の雰囲気にあわせて医療機器をオーダーメイド

患者さんに快適な治療環境を提供するには、インテリアも重要。せっかく気を使った院内のデザインや雰囲気に、医療機器が馴染まないのでは台無しです。ストリークは院内インテリアとのコーディネートが得意。さりげなくオシャレに活躍します。

  • 院内インテリアにあわせたカラーパターンが選択できます。
  • 医院ロゴやマークをいれることも可能です。
参考写真
 

以上の特徴以外にも、WEB上ではお伝えしきれないストリークの情報がたくさんあります。特に実際の使用感は実機を操作してみないとわからないものです。そこで、ストリークの臨床見学や実機体験を実施しております。レーザー治療機器の導入をご検討されている場合は、是非ともお問い合わせください。

臨床見学・実機体験のお問合せはこちら

導入後のサポートもご安心ください

ストリークは充実したサポートを実施するため、月間販売数を制限しています。レーザーが組織に及ぼす作用機序を理解すれば、その応用範囲は飛躍的に広がります。
そのため導入時には、レーザー物理学基礎からレーザー取り扱い方法までの研修を、医師だけでなく院内スタッフ皆さんに受講していただいています。

参考写真

また、レーザー治療に豊富な経験を持った臨床指導医との面談や施設見学、WEB上に開設されたユーザー専用サイトを通じ、最新の臨床情報を提供します。定期的に開催される「ユーザー会」ではレーザー臨床のみならず医院経営などについての活発な意見交換が行われています。

お問合せはこちら 製品比較へ

ページの先頭に戻る

Copyright (c) 2006 ALTECH. All rights reserved.